読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンケートモニターガイドセンターブログ

アンケートモニターはアンケートの回答で謝礼を貰える手軽なお小遣い稼ぎです。節約副収入ネタも含めて情報を発信します。

「同一労働同一賃金」は実現されないだろう

非正規賃金 シングルマザー世帯の平均年収は223万円だそうです。

時給1000円で1日8時間、月21日働いて1か月168000円、年収では201万円ぐらいが目安になるので、このレベルとほぼ同じですね。ただ、生活するだけならなんとかなる金額ですが、それ以上のことをやることができない金額でもあります。

 

政府が3月28日、働き方改革実行計画案を発表し、懸案の「同一労働同一賃金」について、「非正規雇用の割合が高いシングルマザーや単身女性の貧困問題の解決のために

も重要である」と記しました。

f:id:ankeito-monita-gaido:20170422134041p:plain

(同一賃金)は実現されない

今や非正規雇用は全体の労働者の50%近くになっており、非正規雇用の賃金UPは実現性がありません。正規雇用の賃下げであれば、実現性は多少あります。f:id:ankeito-monita-gaido:20170422134007p:plain

なぜ、非正規雇用の賃上げが無いのか、みなさんわかりますか?

国際競争力を勝ち抜くため?

労働者に支払っていた賃金を非正規規制雇用化することで圧縮してきました。そのおかげで、浮いた賃金はすべて企業経営者層の収入で、その額は労働者の数十倍以上になっています。経営層は儲かり、労働者はますます収入が減り生活は苦しくなっています。

 

(同一労働)ではない

労働者の質が低下していることに気付いていますか?正規雇用ではないので、企業は教育や育成をしません。従業員でない人材にはお金を使いません。労働者も安い賃金なので恐育を受ける意欲も当然ありません。結果、品質の高いものづくりの生産現場はすでに崩壊しています。日本企業の競争力はどんどん下がります。正規労働者はある程度は教育と育成がありますので、スキルの差=同一労働の対しての役割、責任に違いもあります。

 

シングルマザーになるなら

別れるパートナーからすべての財産をすべて奪い取るくらいの覚悟がなければなりません。相手が将来養育費を払わない可能性も非常に高く、遠慮してはいけませんね。

そうしないと、必ず地獄をみます。